GLORY BEYOND DREAMS 知名昴海選手インタビュー

インタビュー | 2023.06.22 Thu

『プロになってから意識が変わりました』

彼は去年の9月にBRIDGE OF DREAMSでアマチュア選手としてインタビューを受けてから1年たたずでプロデビューを飾り勝利を収めた『知名 昴海』。

『将来は修斗のチャンピオンになり大きな舞台に立ちたい』

プロデビュー戦の勝利。
そしてその後の大怪我。
前回のインタビューから怒涛の1年を振り返って頂きました。

知名昴海選手

知名 昴海

所属:DROP
生年月日: 2006年7月21日
身長:160 cm
体重:通常57kg 試合52.2kg(ストロー級)
出身地: 沖縄県宜野湾市
経歴:
アマチュア修斗沖縄選手権
2022年(ストロー級-52.2kg)優勝、第28回全日本アマチュア修斗選手権大会 ストロー級 3位 その他多数

ーデビュー戦のテレビがYouTubeに上がっているのを拝見しました。プロデビュー、おめでとうございます。

知名)沖縄テレビさんに密着してもらい、デビュー戦を取り上げていただきました。デビュー戦の相手は、修斗ではデビュー戦ですけど、他の団体での試合経験はある選手で、緊張したけど楽しかったです。

ーどのような経緯でプロになったのでしょうか。

知名)昨年10月に行われた全日本の大会で、準決勝で負けてしまって3位だったのですが、
試合内容を評価してもらいプロに昇格できました。幼い頃からずっとプロになると思っていたので、いざプロになれてもすぐは実感がなかったです。

アマチュア時代は様々な大会で優勝を経験
(写真:2022アマチュア修斗沖縄選手権ストロー級 優勝)

ーデビュー戦が決まったのはいつ頃でしたか。

知名)1月に話が出た段階では対戦相手が決まっていなくて、正式に決まったのは2月頃です。その後、試合は4月16日に行われました。もともと、4月に沖縄で修斗があるということでプロになったし試合がセッティングされるかもと思っていたのですが、実際に決まって嬉しかったです。

ー試合中の感想を教えてください。

知名)最初は緊張しましたが、徐々にテンションが上がって楽しかったです。相手の作戦が変わったようで組んできたりもしましたが、そこも計算に入れて練習していたので寝技に持っていくことができました。

プロになって責任感が芽生えた

ープロになって今までと変わった部分はありますか。

知名)アマチュアと違って、プロはスポンサー様から応援してもらえるので、その方たちのためにも頑張って試合に勝とうと意識が変わりました。応援してくれる人たちのためにも練習して、いい試合を見せられたらなと責任感が芽生えました。
環境自体は変わらず、今も八洲学園大学国際高校の2年生になり、週に3回プロの練習、キックボクシングや柔術の練習も行っていました。

―今は怪我で練習もできないと聞いています。容態はいかがでしょうか。

知名)5月の練習中に膝の怪我をしてしまって、今は安静にしている状態です。プロ練のときに横からタックルされて、倒れてくる人がいて膝に乗ってしまい、膝が逆に曲がりました。靭帯が切れているかもと思ったのですが、奇跡的に骨挫傷と筋肉の断裂で済んだようで、3ヶ月ぐらい安静にすれば歩けるようにはなると言われています。それからリハビリに入るので先は長いですが、フォローしてくれる方達に支えられています。

ートレーニング施設が自宅に併設されていると聞きました。

知名)家にマット部屋を作って、毎日筋トレやフィジカルトレーニングできるような環境を整えました。父がいるときは、グラップリングとか寝技を中心に練習しています。父自身が経験者ということもあり、練習相手になってくれるだけでなく、試合相手の対策もしてくれるのでありがたいです。沖縄県は土地柄、台風も多く、ジムに行けなくなることも多々あります。ジムに行けないときでも家で練習できますし、普段ジムでの練習が終わってから、自宅に戻って夜に復習もできるので。本当に良いですね。

―RDXのサンドバックも自宅で使ってくれていると伺いました。

知名)天井からサンドバックが吊り下げられるように工事をして、RDXのサンドバックも吊り下げて使っています。サイズもよく、柔らかくて本当に打ちやすいです。以前提供してもらったグローブも同様に使っています。

ープロでは食事に気を使われている選手も多い中、知名選手はまだ若い16歳です。食事に対しての考えは?

知名)自分は体が小さいので、とにかく量を意識しています。食事の回数を増やし、1日中食べています。食事の回数が多いので食べてすぐ動くことになり、苦しい時もあるのですが、食べて筋肉をつけないと身長が伸びないので、1食で1キロは食べるようにしています。自分は肉類が好きなのですが、母が栄養バランスを考えて野菜も使ってくれたりとありがたいです。

―MMAでは減量はないのでしょうか。

知名)減量は一応あって、水抜きもしているのですが、まだ体重を減らすのが5、6キロで済んでいるので何とか頑張っています。

―今後もし大幅に減量の必要がある時にはRDXからサウナスーツの提供もできますので、フォローできるようでしたらよろしくお願いします。

知名)ありがとうございます。助かります。

家族や先生のサポートに感謝している

ーお父様とは練習を、お母さまには料理を。家族全員で頑張っているんですね。

知名)そうですね。妹がいるのですが、今はアマチュアで来年のプロ昇格を目指して頑張っています。練習を教えてもらうという意味では父のほかに宮城先生にもお世話になっています。DROPというキックボクシングジムの先生なのですが、宮城先生自身もMMA選手でとても強く、DROP所属で試合に出させてもらうだけでなく、打撃やMMAの技術とかも教えてもらっています。

プロデビュー戦はお父様と宮城先生がセコンドに付いた(左:父の亮哉さん 右:宮城先生)

プロデビュー戦はお父様と宮城先生がセコンドに付いた
(左:父の亮哉さん 右:宮城先生)

妹の眞陽菜さんもプロ昇格を目指している
(左:眞陽菜さん)

妹の眞陽菜さんもプロ昇格を目指している (左:眞陽菜さん)

ープロになったことで友人たちの反応はいかがですか。

知名)会場に見に来てくれた友達もいたのですが、格闘技を生で見るのが初めてだったようでとても興味を持ってくれました。中には格闘技をやりたいという人も出てきて、嬉しいです。

ー沖縄では格闘技をする人は多いのですか。

知名)学校に部活があるわけではないのですが、友達でジムに通ってボクシングとかをしている人は多いので、格闘技が好きな人は多いと思います。強さに憧れている人は多い印象です。

ー今は練習がなかなかできないと思うのですが、プライベートはどんな感じで生活されているのでしょうか。

知名)今は本当に動けないので、学校の1年分のレポートを2週間かけて終わらせました。結構量が多くてきつかったです。あとはyoutubeで試合を観たりもしています。あとは過ごし方として、映画鑑賞もしていて、動きの激しいアクション系が好きです。

―憧れの選手はいますか。

知名)寝技や打撃、各選手の長所を取り入れて、自分のスタイルを作っていきたいなと思っています。スタイルとしてはオールラウンダーでどんどん自分のプラスになることは何でも取り入れていきたいです。

ー次の試合は決まっていますか。

知名)まだ決まっていません。本当は今年にあと1、2試合したいと思っていたのですが、怪我の影響もあるので、1試合でもやりたいです。

高校を卒業したら色んな場所で色んな強い選手と戦いたい

ー将来的には沖縄にとどまらず、東京の方に行く計画はあるのでしょうか。

知名)高校を卒業したら、東京や内地のジムの練習に行ってみたいです。いろんな強い選手と練習して多くのことを吸収し学んでいきたいです。今は沖縄だと、対戦相手も一緒に練習している人が多いので少し試合もやりづらいこともあり、良い試合をしたらオファーがあるようなので内地の大会にもぜひ行きたいです。

ー今は修斗をされていますが、何か目標はありますか。

知名)今は修斗の団体に入れさせてもらっているので修斗のチャンピオンになるのが夢です。まだ修斗は1試合しかしていないのでランカーと当たったことはないのですが、勝ち進めばランカーと当ててもらえるようになるので、当面は負けずに勝ち進むことが目標です。チャンピオンを目指して頑張ります。

将来的には修斗のチャンピオンを目指す
(写真:THE SHOOTO OKINAWA vol.8 MVP受賞の様子)

―その先の夢は何かありますか。

知名)修斗のチャンピオンになった後は、RIZINやUFCのような団体にも出たいです。将来的にはONEやUFCのような団体でも活躍できるような力を身につけたいです。まだ実際にアメリカや海外に行ったことはないのですが、海外に挑戦してみたいです。

ー最後に知名選手にとって、プロとは。

知名)プロはスポンサーの方や、本当に多くの方に支えてもらっているので、自分だけのために勝つのではなく、応援してくれる方のためにも、いい試合を見せられたら、と思っています。自分の試合を見て、憧れてもらえる、格闘技っていいな、と思ってもらえる試合をしたいです。

ーぜひ世界に羽ばたいてもらえればと思います。

知名昴海選手

編集後記:
去年のBRIDGE OF DREAMSのインタビューから1年経たずにプロ選手としてインタビューすることになるとは思ってもおりませんでした。
知名選手は口下手な所もありますがプロになってから応援してくれる方、周りの方への配慮など今回のインタビューから強く感じることが出来ました。
現在は大怪我をしてしまいリハビリを行いながら復帰を目指しています。
しかしまだ知名選手は16歳。慌てずしっかりと身体を治し、コンディションを上げてもらって次回の試合に望んで欲しいです。

(RDX Japan編集部)
インタビュアー 冨永潤一、上村隆介

知名 昴海

RDX sports japanは
知名 昴海を応援しています。